行政書士・社会保険労務士の宮本斗児が運営する東亜総合事務所のホームページです。
神戸を拠点に帰化申請・入管手続(ビザ・在留・永住)、韓国戸籍関係全般の総合サイトです。
  1. インフォメーション
 

インフォメーション

2017/07/19

2017年夏季休暇は8月11日から15日まで。

16日水曜から営業いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。


2016/12/01

2016年の営業は、12月28日をもって、終了とさせていただきます。

なお、2017年の営業は、1月6日から開始いたします。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


2016/10/04

西暦1951年以前の日紀と檀紀、朝紀の対照表を業務内容⇒帰化申請⇒韓国書類の取得翻訳に追加いたしました。

ご参考ください。


2016/07/29

夏季休暇は8月11日から14日まで。

15日月曜から営業いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。


2016/04/26

2016年4月は28日まで、5月は9日から営業いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。


2015/08/28
[高度専門職]、[経営管理]、[技術・人文・知識・国際業務]の活動と在留期間、一部変更になっております。

2015/01/05

本日より営業いたします。

 

今年もよろしくお願いいたします。


2014/12/24

2014年の営業は、12月26日をもって、終了とさせていただきます。

なお、2015年の営業は、1月5日から開始いたします。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


2014/09/12
当ホームページは、帰化や在留に関する有益な情報を発信していくことを目的としています。申請に使用できるフォームやサンプルなども多数ご用意しています。どうぞご利用ください。なお、今後も、少しでも申請される方のお役にたてるよう、内容の追加や改善を行っていきたいと考えておりますので、当ホームページをご覧いただいた方で、ご参考にしていただけましたら、ご意見やご指摘等を無料相談メールから書き込んでいただけましたら幸いです。なお、営利目的ではありませんので、ホームページに対するご意見等には、返信やご連絡は一切いたしませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

2014/05/20

 自営業者(個人事業主)の方の帰化申請書類『国民年金保険料納付確認(申請)書』2種類(PDF)を追加いたしました。

 各管轄法務局により適宜ご使用下さい。

  申請書様式1(PDF)   申請書様式2(PDF) 



2014/03/31

平成26年4月1日より当事務所の報酬額を改定いたしました。

 

こちらより、ご確認くださいませ。 改 定 報 酬 額 表 







2013/12/06

交通事故業務を追加しました!

業務内容の交通事項業務をご覧くださいませ。

ご依頼・ご相談がございましたら、お気軽にご連絡ください。


            TEL:(078)251-8887

              無料メール相談


2013/10/08

当事務所の報酬額について、アップロード致しました。

ご参照ください。

詳しくお聞きしたい方は、いつでもご連絡ください。

お待ちしております。

 

    報酬額表 ← クリック 


2013/07/30

外国人登録原票の開示請求についての必要書類、請求用紙・書き方サンプルなどのご説明を追加いたしました!!
ご案内の外国人登録原票の開示請求をご覧くださいませ。


2013/02/01
韓国証明書・除籍謄本等の取得、翻訳を当所へご依頼いただく場合の流れについて、必要書類や方法を『◆◇ご依頼の流れ◇◆』でご説明させていただいておりますので、ご覧下さい。
ご不明な点など、お客様のご都合に合わせて対応してまいりますので、お気軽にお電話ください!(^^)!
↓ クリック ↓  

2013/01/28

まだまだ寒い日が続いており、あたたかい季節が待ち遠しいですが、東亜総合事務所では今年も皆様にわかりやすく有意義な情報や神戸の町を発信していきますので、FaceBookからもチェックしてみてください。

クリック
FaceBook


2012/12/27
本年の営業は、12月28日をもって終了いたします。
新年の営業は、1月7日午前9時からとさせていただきます。

2012/08/07

法律上、法人は社会保険が強制適用となっています。また、個人事業でも、従業員5名以上の事業所では、社会保険を適用しなければなりません。法人経営者や、上記の該当する事業主は、厚生年金の1年分の領収書の写しが、帰化申請の提出書類に追加されました。


2012/07/18

外国人登録法の廃止、改正入管法施行に伴い、帰化申請の必要書類が変更されました。

これまで提出を要しなかった書類、素行要件確認資料等が増加し、申請者には負担増となります。

 

追加された書類は下記のとおりです(大阪エリア、韓国・朝鮮籍)

 

1.出入国記録(特別永住者は不要の場合あり)

 

2.外国人住民票(下記事項が必要です)

氏名、通称名、生年月日、性別、国籍、在留資格、在留期間、外国人登録番号(又は在留カード番号、法定期間(5年間)内の居住歴、氏名又は生年月日を訂正しているときは、訂正前の氏名又は生年月日

 

3.閉鎖外国人登録原票

 

4.市民税非課税証明書(所得証明書)

 

なお、法人経営、自営業者には次の書類が必要となりました。

 

≪国民年金法第7条第1項第1号に該当する方(自営業者等)≫

5.年金定期便、年金保険料(直近1年分)の領収書等の写し

 

≪厚生年金法第6条第1項又は第3項に規定する適用事業所の事業主≫

6.年金事務所が発行した保険料(直近1年分)の領収書等の写し


2012/05/17
ご好評いただいておりました期間限定キャンペーンを終了させていただきました。
多くの方々のご利用、大変ありがとうございました。

2011/10/11

日頃当事務所のホームページをご覧いただいているお客様に、感謝の意を込めて、大変お得なキャンペーンを始めました。ご自身で申請するのがちょっと面倒…と思われるお客様は、気軽にご相談・お見積りをご依頼ください。
              

2011/08/04
従来、専門学校を卒業し、「専門士」の称号を付与された外国人については、就労の在留資格(技術や人文知識・国際業務等)を受けるためには、在留資格変更許可申請のみ認められていました。それゆえ、専門学校卒業後、本国へ単純帰国した場合、「専門士」の称号のみでは、在留資格認定証明書交付申請での入国は許されず、日本で就労活動を行うことができませんでした。

2011/05/13
2011年5月、事務所名称、所在地を下記のとおり変更しました。

事務所名:東亜総合事務所
事務所所在地:神戸市中央区加納町2丁目12番10号 新神戸駅前ビル8階
電話番号:078−251−8887
FAX番号:078−251−8883

神戸市営地下鉄・新幹線 新神戸駅から徒歩2分です。


〈フラワーロード沿い〉

お気軽にお立ち寄りください!

2011/02/19

韓国籍の方については、従前まで原則申請者の身分関係書類として

1.基本証明書

2.家族関係証明書

3.婚姻関係証明書

が必要とされていましたが、本年より上記書類に併せて

4.入養関係証明書

5.親養子入養関係証明書

が申請書類に追加されました。

 

書類取得の際にお間違いなく!


2010/08/25

当ホームページは、主に日本に居住する在日韓国・朝鮮人の方々のために開設したものです。
ご覧いただいた皆様に、より有益な情報を提供したいと考えております。

ご覧いただいて、
「実際に最後まで自分でできた!」とか
「ちょっと情報不足だった・・・」とか
「こういう情報を提供してほしい」

などといった感想をぜひお願いします。


2009/10/19
基本証明書や家族関係証明書、婚姻関係証明書等、帰化や相続に使用する、韓国における身分関係証明書類の取得が、このたび日本人にも可能となりました。

2009/05/12

当事務所は行政書士・社会保険労務士の事務所です。
よく領事館とお間違いになるお客様がいらっしゃいますので、駐神戸韓国総領事館の所在地、電話番号を掲載いたします。


2008/11/26
これまで、在日同胞の旅券(パスポート)の新規取得・更新は、主に韓国民団が行ってきました。しかし、2008年11月28日をもって、民団の旅券に係る代行制度が全面廃止となりました。そこで、これから旅券を必要とする方、または更新を必要とする方は、自らこの手続きを行わなければならなくなりました。

2008/10/29

ご要望の多かった帰化許可申請に使用する様式(フォーマット)を当ホームページからダウンロードできるようにいたしました。法務局で配布してもらえるものですが、事前にどのような様式で、記入すべきことはどんなことか、また、相談前にある程度整理しておくことも有効かと思われます詳しくは、《帰化申請で使用するフォーマット》のページを参照して下さい。


2008/08/28
先日、駐大阪韓国総領事館神戸出張所が駐神戸韓国総領事館に格上げされました。

今現在は正確な情報は入っていませんが、おそらくこれまで大阪総領事館でのみ即日取得可能であった各種証明書や除籍謄本等が、環境が整ってくれば、神戸で即日取得できるようになるであろうと予想されます。

2008/07/07
帰化許可申請に必要な、出生届・婚姻届・死亡届等の記載事項証明(いわゆる届書の写し)の電算化が完了しました。そこで、それらの証明書が必要な場合については、神戸市内で届けられた届は、窓口1箇所で、取得することが可能になりました。

2008/02/18
韓国戸籍法改正による、韓国相続手続に必要な書類の変更をお知らせします。

2008/01/30
本年1月1日から、韓国の新家族法をうけて、帰化申請に必要な書類が変わりました。

2008/01/30
電算化されていない除籍謄本は、従来、韓国本国に請求しなければ取得できませんでした。

2008/01/11
昨年まで、韓国、朝鮮の方が帰化申請をする際には、「国籍・身分関係を証する書類」としまして、韓国戸籍・除籍謄本が必要でした。しかし、本年1月1日、戸主制度廃止を柱とする改正韓国家族法の施行に伴い、新しく、5種類の身分関係を証明する書類が追加されました。

お問い合わせ・ご予約は当行政書士事務所の無料メール相談フォームへ・・・

無料メール相談
〒650-0001 神戸市中央区加納町2丁目12番10号 新神戸駅前ビル8階

営業時間:午前9:00〜午後5:00

定休日 :土日・祝日