行政書士・社会保険労務士の宮本斗児が運営する東亜総合事務所のホームページです。
神戸を拠点に帰化申請・入管手続(ビザ・在留・永住)、韓国戸籍関係全般の総合サイトです。
  1. 交通事故に遭ったときには東亜総合事務所までご相談ください。

交通事故に遭ったときには東亜総合事務所までご相談ください。

交通事故に遭ったときには当行政書士事務所、東亜総合事務所までご相談ください。

交通事故に遭った際、損害賠償は誰に?

 

 交通事故などの不法行為で責任を負う者は、加害者本人(民法709条)と、加害者が被雇用者である場合において、業務中に加害行為をしたときは、その使用者(民法715条)となります。

 また、被害者救済のため、事故を起こした運転者本人の他に、その車輌につき、運行利益・運行支配を有していたもの(保有者)も賠償責任を負わされます(自賠法3条)。

 


損害賠償額の査定

 

 交通事故による損害賠償は、民法709条以下の不法行為により、被害者から加害者へ請求されるものであり、双方に損害が出た場合は、過失割合により、各々責任を負担することになります。

 人身事故の損害の請求の内容は下記に示しますが、この中の休業損害・逸失利益については、被害者の実収入を前提としていますので、高収入であれば過失割合が大きい人でも、それが小さい方より損害額が大きくなることがあります。

 物損事故の場合には、自賠法は適用されませんので、自賠責から損害賠償は支払われません。また、自賠法が適用されないということは、運行利益・運行支配者(保有者)が賠償責任を負うことはないということになります。

お問い合わせ・ご予約は当行政書士事務所の無料メール相談フォームへ・・・

無料メール相談
〒650-0001 神戸市中央区加納町2丁目12番10号 新神戸駅前ビル8階

営業時間:午前9:00〜午後5:00

定休日 :土日・祝日