行政書士・社会保険労務士の宮本斗児が運営する東亜総合事務所のホームページです。
神戸を拠点に帰化申請・入管手続(ビザ・在留・永住)、韓国戸籍関係全般の総合サイトです。
  1. 【永住許可】

【永住許可】

永住には多くのメリットがあります

永住資格を取得しますと、下記のようなメリットがあります。

  1. 在留資格の更新の必要がない。(在留カードの更新は必要ですよ!)
  2. 活動制限がない(どのような職業に就くこともできます)
  3. 住宅ローンなどの融資をうけることが可能となる

などなど

 

ただし、外国人には違いないので、在留カードの常時携帯義務は当然あります。

また、退去強制事由に該当すれば、退去を強制されます。(これは誤解の多いところです)

 

総合的に、より安定的かつ自由に日本で活動をすることができます。

 

永住許可要件

現在入管法においては、最長5年の在留期間が設けられております。永住申請のガイドラインにおいては、保有する在留資格の最長期間を保有することが求められていますが、当面の間は、3年の在留資格を持っていれば、永住申請を認める取扱いとしています。



ご自身で申請可能なときも相談してみる意義はあります

日本に滞在されて、ある程度生活に慣れた外国人の方にとっては、在留資格の変更や更新の手続きはご自身で可能なケースも多いと思います。

 

ただ、注意していただきたいのは、申請自体を軽く考えてしまって、入国管理局に、申請や経歴、日本における活動などについて疑義を抱かせてしまう可能性が多くあるということです。

一度不許可の決定を受けてしまうと、それを覆すだけの立証に苦労することになります。

 

「転ばぬ先の杖」ではないですが、申請内容に少しでも不安があるようでしたら、専門家にご相談されることをお勧めします。

当事務所からのアドバイス


一度入国管理局に提出した書類は、破棄されることなく電磁的記録で保管され、その後の申請についての資料としても活用されます。

 

何気なく記載した事項が、今後の日本における活動について命取りになる可能性があります。申請するにあたっては、事実にまちがいなく書くのはもちろん、提出書類は必ず控えをとるようにしてください。虚偽申請として判断されて、不許可・不交付の対象となった外国人については、日本に入国・在留することが、非常に困難になります。

 

入国管理局の申請については、立証責任は申請者側にあります。

提出書類に特に制限は設けられておりませんので、入管インフォメーション、入管ホームページ等で案内している必要提出書類以外にも、審査に役立つと思われる資料等は、積極的に提出するようにしましょう。

 

違法の可能性のある依頼は受任いたしません。私達はお客様との信頼関係確立のうえで業務を遂行します。

 

万一不正もしくは違法な案件を処理してしまいますと、その他のお客様の不利益に繋がりかねませんし、申請取次行政書士として恥ずべきことです。私達は法令遵守を徹底します。


◇◆◇対応可能エリア◇◆◇

当方が官公署に出頭し、提出する必要があるものについては、原則兵庫県下の以下のエリア及び大阪市が通常対応可能となります。

 

神戸市・尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・明石市・三木市・加古川市・高砂市・姫路市

 

その他のエリアからの依頼についても対応可能ですが、日当、交通費が発生することもありますので、ご了承ください。



お問い合わせ・ご予約は当行政書士事務所の無料メール相談フォームへ・・・

無料メール相談
〒650-0001 神戸市中央区加納町2丁目12番10号 新神戸駅前ビル8階

営業時間:午前9:00〜午後5:00

定休日 :土日・祝日