行政書士・社会保険労務士の宮本斗児が運営する東亜総合事務所のホームページです。
神戸を拠点に帰化申請・入管手続(ビザ・在留・永住)、韓国戸籍関係全般の総合サイトです。
  1. 韓国証明書類の取得・翻訳
    [基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・入養関係証明書・新養子入養関係証明書・除籍謄本等]

韓国証明書類の取得・翻訳
[基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・入養関係証明書・新養子入養関係証明書・除籍謄本等]

韓国人の方については、帰化申請・相続手続ともに、基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・入養関係証明書・新養子入養関係証明書・除籍謄本等の身分関係書類の取寄せ、翻訳が必要です。

  • ◆韓国証明書等の取得・翻訳のご依頼についてはこちらから ⇒ クリック

◆ご利用報酬額についてはこちら ⇒ クリック



帰化を申請するにあたり、申請者については

  1. 基本証明書(기본증명서)
    基本証明書翻訳サンプル(pdf)
  2. 家族関係証明書(가족관계증명서)
    家族関係証明書翻訳サンプル(pdf)
  3. 婚姻関係証明書(혼인관계증명서)
    婚姻関係証明書翻訳サンプル(pdf)
  4. 入養関係証明書(입양관계증명서)
    入養関係証明書翻訳サンプル(pdf)
  5. 親養子入養関係証明書(친양자입양관계증명서)
    親養子入養関係証明書翻訳サンプル(pdf)

申請者の両親については

  1. 家族関係証明書(가족관계증명서)
  2. 婚姻関係証明書(혼인관계증명서)

の取寄せ・翻訳が必要となります。


※当事務所での翻訳は関係証明書 1頁1,730円 除籍謄本1頁2,160円(10頁以上は1割引させていただきます。)

 

        

また申請者の兄弟姉妹、両親の死亡事項が上記の書類から特定できない場合はその事項が確認できる

除籍謄本(제적등본)の取得・翻訳も必要です。

    除籍謄本翻訳サンプル(pdf)


また、相続手続にあたっては

  1. 被相続人の出生時まで遡る除籍謄本すべて
  2. 被相続人の基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書(死亡申告をしていないか、2008年1月1日以降に死亡申告した者に限る)
  3. 法定相続人の基本証明書・家族関係証明書

の取寄せ・翻訳が必要です。

 

西紀・檀紀・朝紀 対照表

西紀1868年〜1951年を韓国年号に対応した表です。

ぜひご参考ください。

    対照表 (pdf)  

上記の書類を請求するには?

身分関係の書類の請求先は、本国か領事館いずれかになります。

本国に請求するのは稀でしょうから、領事館への請求が多いことと思われます。

 

ただ、全国にある韓国総領事館でも、即日発給してくれる領事館は限られています。

 

例えば、当事務所のすぐ近くの駐神戸総領事館に請求しますと、発給まで1か月〜1か月半程度日数を要します。

しかし、駐大阪総領事館ですと、足を運べば、即日その場で発給を受けることができます。

 

というわけで、できるだけ早めに取得しようとする場合は、大阪に出向くのがよいでしょう。

 

請求に行く際には、在留カード(特別永住者証明書)または旅券を持参し、登録基準地(本籍地)を確認のうえ、出向くようにしてください。

(委任を受けて行かれる場合は、委任者の在留カード(特別永住者証明書)又はパスポートの写し、委任状、そして請求される方の身分証を持参してください。



翻訳を依頼するには?

 

まず考えられるのが、韓国民団でしょう。

韓国民団に依頼すれば、請求から取得、翻訳まで一貫して行ってくれます。

 

また、領事館でも発給窓口において、翻訳業者のリストを配布しています。

お住まいのお近くなど、ご都合の良い業者に依頼することもよいでしょう。

翻訳手数料は2,000円〜5,000円前後と思われます。

 

当事務所では、FAX・郵便でも翻訳の依頼を受け付けております。基本・家族・婚姻等の証明書1通 1,730円除籍謄本1ページ 2,160円からお受けしています。お気軽にお申し付けください。

 

※ 詳しくはこちらからご確認ください ⇒ クリック

 

※ただし、ハングルを読める方は、ご自身または知人の方が翻訳しても大丈夫です。

翻訳文には、翻訳日、翻訳者の住所、翻訳者の氏名を記載のうえ、捺印すれば足ります。

特別な資格は必要ありません。

 

ただし、大切な申請に使用するものですし、専門用語も多いですので、やはり専門家等に依頼するほうが無難かもしれません。

また、場所や氏名など、固有名詞も多く含まれていますので、労力がかかることも事実です。


身分事項が細かく記載されている除籍謄本等は、個人情報の最たるものとして、相談される相手もおのずと限定されると思います。
当事務所は、行政書士法により、守秘義務が課せられておりますので、お客様からの相談、書類取得・翻訳上の知り得た秘密は100%まもります。
また、スタッフ全員がハングルに精通しておりますので、不備のない手続、翻訳、韓国行政との交渉を迅速・確実に遂行いたします。

◇◆◇対応可能エリア◇◆◇

 

当方が官公署に出頭し、提出する必要があるものについては、原則兵庫県下の以下のエリア及び大阪市が通常対応可能となります。


神戸市・尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・明石市・三木市・加古川市・高砂市・姫路市

 

その他のエリアからの依頼についても対応可能ですが、日当、交通費が発生することもありますので、ご了承ください。


お問い合わせ・ご予約は当行政書士事務所の無料メール相談フォームへ・・・

無料メール相談
〒650-0001 神戸市中央区加納町2丁目12番10号 新神戸駅前ビル8階

営業時間:午前9:00〜午後5:00

定休日 :土日・祝日