行政書士・社会保険労務士の宮本斗児が運営する東亜総合事務所のホームページです。
神戸を拠点に帰化申請・入管手続(ビザ・在留・永住)、韓国戸籍関係全般の総合サイトです。
  1. 【技能ビザ(VISA)】         例)中華料理の調理師

【技能ビザ(VISA)】         例)中華料理の調理師

例)中華料理の調理師

【技能ビザ(VISA)】

≪要件は次を参考にしてください。(基準省令抜粋)≫

申請人が次のいずれかに該当し、かつ、日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること。

  1. 料理の調理又は食品の製造に係る技能で外国において考案され我が国において特殊なものを要する業務に従事する者で、次のいずれかに該当するもの(第九号に掲げる者を除く。)
    1. 当該技能について十年以上の実務経験(外国の教育機関において当該料理の調理又は食品の製造に係る科目を専攻した期間を含む。)を有する者
    2. 経済上の連携に関する日本国とタイ王国との間の協定附属書七第一部A第五節1(c)の規定の適用を受ける者
  2. 外国に特有の建築又は土木に係る技能について十年(当該技能を要する業務に十年以上の実務経験を有する外国人の指揮監督を受けて従事する者の場合にあっては、五年)以上の実務経験(外国の教育機関において当該建築又は土木に係る科目を専攻した期間を含む。)を有する者で、当該技能を要する業務に従事するもの
  3. 外国に特有の製品の製造又は修理に係る技能について十年以上の実務経験(外国の教育機関において当該製品の製造又は修理に係る科目を専攻した期間を含む。)を有する者で、当該技能を要する業務に従事するもの
  4. 宝石、貴金属又は毛皮の加工に係る技能について十年以上の実務経験(外国の教育機関において当該加工に係る科目を専攻した期間を含む。)を有する者で、当該技能を要する業務に従事するもの
  5. スポーツの指導に係る技能について三年以上の実務経験(外国の教育機関において当該スポーツの指導に係る科目を専攻した期間及び報酬を受けて当該スポーツに従事していた期間を含む。)を有する者で、当該技能を要する業務に従事するもの又はスポーツの選手としてオリンピック大会、世界選手権大会その他の国際的な競技会に出場したことがある者で、当該スポーツの指導に係る技能を要する業務に従事するもの

【技能ビザ(VISA)】申請の事例と申請必要書類

事例1)中華料理店において、調理師として中国人を招聘する場合(個人事業主)の必要書類

1.在留資格認定証明書交付申請 2.開業届書 3.確定申告書写し 4.法定調書合計表 5.メニュー表(コース料理必須) 6.店内レイアウト図 7.店舗外観・内部・厨房写真(ガス台の数)10.雇用契約書(雇用条件通知書)11.招聘理由書 12.従業員リスト 8.戸口簿・居民身分証 9.資格証明書 13.前職場の推薦状 14.前職場の退職証明書 16.経歴(在職)証明書 15.身元保証書(事業主がなる) 17.本人写真

 

事例2)インド料理店において、技能の資格を保持するインド人を新たに雇用する場合(法人)の必要書類

1.就労資格証明書交付申請書 2.登記事項証明書 3.決算書写し 4.法定調書合計表 5.メニュー表 6.店内レイアウト図 7.店舗外観・内部・厨房写真(ナン焼き窯重要) 8.前就労先の離職証明書(退職時、源泉徴収票) 9.雇用契約書(雇用条件通知書)10.従業員リスト等 11.営業許可証写し 12.納税・所得証明書 13.本人写真

お問い合わせ・ご予約は当行政書士事務所の無料メール相談フォームへ・・・

無料メール相談
〒650-0001 神戸市中央区加納町2丁目12番10号 新神戸駅前ビル8階

営業時間:午前9:00〜午後5:00

定休日 :土日・祝日